希望校に合格させるための最短コースをご提案できるように過去問研究を続けています。

模試作成方針

模擬試験を受験する理由

多くの受験生が模擬試験を受験する理由は何でしょうか?それはズバリ、志望校に合格するためです。そして現在の実力を計るためです。また、ひとくちに実力を計るといっても、いろいろな観点があります。現在の実力で合格することが可能か否かという相対的観点。現在の苦手分野、苦手問題はあるのか否かという絶対的観点があります。

模擬試験を受験することにより合否が正確に判定できる。苦手分野、苦手問題の有無を正確に判定するためには、志望校の出題レベル、出題傾向に沿っている模試であることが大前提になります。しかし、愛知県の中学受験においては、その大前提となるべく志望校の出題傾向を踏まえた模擬試験が今日までありませんでした。そこで当出版は、年々受験者数も増え、難化していく愛知県下の中学受験生とその保護者様のご期待に沿うべく、「東海・滝・南女」「Aグループ(南男・名古屋・愛工大附・大成)」「Bグループ(淑徳・金城・椙山・愛知・聖霊・春日丘)」の出題傾向にピッタリに合わせた模試を実施することに致しました。

予想問題からの出題・志望校に合わせた弱点分析

当出版の模試は、各校の出題レベル、出題傾向に合わせるだけでなく、実際の予想問題を出題することにより、当模試受験者の中から合格者をつくり出していきます。2~3点の違いが合否を分けるといっても過言ではない中学受験において、予想問題からそっくりそのまま出題される問題があるならば、模試を受験している子が実際の入試において有利であることははっきり言い切ることができます。

さらに、この模擬試験を受験することで弱点分析をすることができます。受験後返送されてくる個人成績表を活用することで効率的な学習が可能になります。もちろん他の模擬試験でも弱点分析はなされていますが、そもそも出題傾向や、出題レベルが合っていないような模擬試験を元に作成された個人分析表がレベルアップや合格への道標になるか否かは論じるまでもありません。長年にわたり過去問分析を行ってきた当出版だからこそ可能な模擬試験、それがこの、「東海・滝・南女」「Aグループ模試(南男・名古屋・愛工大附・大成模試)」「Bグループ模試(淑徳・金城・椙山・愛知・聖霊・春日丘模試)」であるということが言えます。

 

当出版はこの、「東海・滝・南女模試」「Aグループ模試(南男・名古屋・愛工大附・大成模試)」「Bグループ模試(淑徳・金城・椙山・愛知・聖霊・春日丘模試)」を自信を持って皆様にお勧めいたします。

このページの先頭へ